ご挨拶  

丹沢の山々の懐に抱かれた、風光明媚なところに位置する「あけぼの園」では、カエルの合唱や蝉の声、雉の鳴き声なんかも聞きながら、恵まれた自然環境の中で、毎日2歳から6歳までの幼児さんの療育を行っています。「あけぼの園」は子どもさんたちが毎日積極的に通ってきたいと思える場所であり、楽しくそして、子どもたち一人ひとりの自己実現が図れる場所でありたいと願っています。また、職員にとっても子どもたちと楽しさを分かち合える「あけぼの園」を創りたいと思っています。「あけぼの園」は一人ひとりの子どもさんの発達に合わせた具体的な支援をご家族と一緒に取り組んでいきます。また、ご家族と子どもさんが安心して通い、安心して子育てに向き合える場の提供が出来るように努力をしていきます。また、ご家族と子どもさんが安心、且つ健やかに地域生活が出来るよう支援していきます。

         「あけぼの園」発達支援の目標

@ひとりでできることをふやそう。

A人とのかかわりの中でコミュニケーション力を育てよう。

B好きなあそびや運動をみつけて広げていこう。

C分かりやすい環境の中でいろいろな経験をしよう。

「あけぼの園」の恵まれた自然環境を生かし、「明るく、元気で、たくましい」子育てをしていきます。「あけぼの園」の療育を通して、人としてより豊かな社会生活を営むための基礎を身につけます。あけぼの園の職員は、子どもさんたちが小学校に上がった時、大人になった時に困らないように、その基礎力を養いたいと考えています。ご家族は子育てについていろいろ悩みながら試行錯誤の中で頑張っていらっしゃいます。でも、一人ではありませんから、遠慮せずに周りの力を借りながら子育てをしてください。あけぼの園もその一つの力になることが出来れば幸いです。皆様に頼りにされ、愛される「あけぼの園」を目指しています。

                                       園長 三浦 郁夫


    

   


     



社会福祉法人  至泉会